会員になるかどうかは個人の判断

商工会議所とは、商工会議所法に則って設立された団体このことであり、日本のさ色々な地域に存在しているのものである。

この事業目的は、様々なものがあり設立経緯や管轄している地域、会員の数においてもそれぞれの違いがあり特色がある。

多くの場合、会員制を採用しているが、その会員登録するかは個人の判断によって、自由に選択をすることができ、もしもこの会員になった場合には、年会費を収めることとなる。

ただしこの年会費も、その地域によって若干の違いがあり、会員になることを希望し申し込みを行う際には、この年会費を添えて申し込み書を提出することとなる。

この会員になることで、様々なメリットを得ることができるが、その最も大きなことは、信用性が高まるということにある。

地域の発展に理解を示し、協力を行っている建設的な企業としてみなされ、信用を得ることができるのである。

また、経営相談を行うことができるという点も大きなメリットとなる。

商工会議所には専門の相談員や指導員が在籍していることから、この相談員に様々なことを相談することができる。

税務、金融に関わる相談や特許、労務に関するレクチャーを受けることができ、ITに関する相談も行うことができる。

したがって、大変頼りになると好評となっている。

  • ---
  • ニュース 速報 YOMIURI ONLINE(読売新聞)